東北文教大学

鬼武 一夫

所属 東北文教大学 人間科学部 子ども教育学科
氏名 鬼武 一夫 ONITAKE Kazuo
職名 教授(学長)
学歴
昭和40年3月 金沢大学卒
昭和45年3月 名古屋大学大学院博士課程単位取得退学
職歴
昭和47年4月~53年3月:名古屋大学理学部助手
昭和53年4月~61年3月:名古屋大学医療技術短期大学部助教授
昭和61年4月~平成4年10月:山形大学理学部助教授
平成4年11月~16年3月:山形大学理学部教授
平成7年4月~13年8月:山形大学理学部長
平成13年9月~17年8月:山形大学理事・副学長
平成22年4月~26年3月:東北文教大学教授・副学長
平成26年4月~東北文教大学教授・学長
学位 理学士、理学修士、理学博士
専門分野 生殖生物学、発生生物学
研究課題 下等脊椎動物の生殖について
主な授業科目 「環境と生物を考える」
教育・研究に関する主な業績
【著書】
早川洋一他と共著 2011. カジカ類における異型精子の分化と機能。
宗原弘幸他編著「カジカ類の多様性」東海大学出版会、133-143頁。
A.Watanabeと共著 2007. The Regulation of Spermatogenesis in Fish: Recent Cellular and Molecular Approaches In Fish Spermatology. eds. by S.M.H. Alavi, J.J. Cosson, K. Coward, & Gh. Rafiee, Oxford, Alpha Science Ltd.Publications, pp. 141-160.
A.Watanabeと共著 2003. Sperm Activation:Reproductive Biology and Phylogeny of Urodela. ed. by D.M.Sever, Scienc Publishers,Inc. pp.425-446.(他2編)

【論文】
T. Watanabe他と共著 2010. Identification of the sperm motility-initiating substance in the newt, Cynops pyrrhogaster, and its possible relation with the acrosome reaction during internal fertilization. Int. J. Dev. Biol. 54: 591-597.
A.Watanabe他と共著 2009. Identification of egg-jelly substances triggering sperm acrosome reaction in the newt, Cynops pyrrhogaster. Mol .Reprod .Dev.79: 399-406.
Y.Hayakawa他と共著 2009. Partial formation of sperm dimorphism from spermatocytes of the cottoid fish, Hemilepidotus gilberti in cell culture. Zygote15: 285-293.
W.Hiyoshi他と共著 2007. Egg-jelly of the newt, Cynops pyrrhogaster contains a factor essential for sperm binding to the vitelline envelope. J. Exp. Zool. 307A: 301-311.
T.Sasaki他と共著 2007. Ordered progress of spermiogenesis to the fertilizable sperm of the medaka fish, Oryzias latipes, in cell culture. Develop. Growth & Differ. 47: 87-97.
S.Takahashi他と共著 2006. The outermost layer of egg-jelly is crucial to successful fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster. J.Exp. Zool. 305A: 1010-1017.
Y.Makabe-Kobayashi他と共著 2005. Newt ZPC molecule, cpZPC, localizes in the inner surface of the egg envelope. Int. J. Dev. Biol. 47: 51-58.
T.Itoh他と共著 2002. Egg-jelly structure promotes efficiency of internal fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster. J.Exp. Zool. 290: 314-322.
M.Okimura他と共著 2002. Organization of carbohydrate components in the egg-jelly layers of the newt, Cynops pyrrhogaster. Zool. Sci. 18: 909-918.
K.Onitake et al. 2000. Significance of egg-jelly substances in the internal fertilization of the newt, Cynops pyrrhogaster. Comp. Biochem. Physiol. 126: 121-128. (他45編)

http://researchmap.jp/read0169349/?lang=english

学会活動
【所属学会】
・(社)日本動物学会 (昭和39年~現在)
・(社)日本動物学会理事・評議員・東北支部長(平成11年~14年)
・(社)日本動物学会第70回大会委員長(平成11年)
社会貢献
・山形テレビ番組審議会委員長(平成14年~現在)
・(公)やまがた教育振興財団評議員(平成18年~現在)
・「サイエンスカフェ in やまがた」代表(平成19年~現在)
・国立大学教育研究評価委員会専門委員(平成20年~22年)
受験生へのメッセージ 大学時代の恩師に東根城主里見氏の末裔(まつえい)に当たり、植物分類学者として著名で欅(けやき)の番付一覧も作成された里見信生先生がいた。先生は「踏み分ける麓の道は多けれど、同じ高嶺の月を見るかな」という歌(道歌)を示され「目標は同じでもたどり着く方法はいろいろある。君たちに相応しい方法を見つけなさい」と諭された。今でも大切にしている歌である。
出張講義や講演等に応えられる内容 動物の受精の仕組みや生殖に関連する内容であれば、可能な限り応えます。
メール

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ