東北文教大学

教育・研究のための機関

教育・研究および地域社会との交流を支援するためのさまざまなセンターを設置しています。

教育開発センター

 本学の教育の質を向上させるために、さまざまな取り組みを行っています。学生との関わり方、授業での教え方、成績評価の方法などについて年2回から3回の研修会を行うほか、学外で行われる研究会の知見も学内で紹介しています。また、学期ごとに「授業改善アンケート」を実施しその結果を全教員・学生に公開することで、大学全体で教育のあり方を考える場を提供しています。

教育開発研究センター

民話研究センター

 山形県を中心とする民話資料の収集・保存と活用を主に行っています。貴重な民話資料の公開事業や、地域の方々に民話を楽しんでいただくための公開講座を開催する事が主な活動です。これらの作業には学生も協力し、地域の文化遺産を知るとともに、地域社会に貢献する事業に参加する意義を学ぶ機会になっています。

民話研究センターWebサイト

民話研究センター

地域連携・ボランティアセンター

 地域社会との「知」と「教育」の両面での相互交流を図る窓口の役割を担っています。地域を教育のフィールドとし、さまざまな交流の機会をとおして、社会力のある有為な人材を社会に送り出したいと願っています。また、大学祭への地域の方々の参加など、多彩なプロジェクトを展開しています。

地域連携・ボランティアセンター

幼児教育研究センター

 幼児教育研究センターは、幼稚園・保育所等の保育者と大学の教員が連携し、幼児教育に関する研究を行うことを目的としています。昨年度は、「保育実践研究会」を開催し、現場の保育者からの実践報告の後、分科会に分かれての意見交換等を行いました。また、本学の系列園との意見交換会も実施しました。

幼児教育センター

児童教育研究センター

 小学校教育現場の先生方と、各教科や教育課程、授業のあり方などについての研究に取り組んでいます。昨年度は新たに、子どもの指導のあり方について考える公開ワークショップを開催しました。また、例年実施している教育における情報化に関する研究会では、プログラミング教育を取り上げました。さらに、山形市小学校教育研究会外国語部会との共催で、外国語活動をテーマに2回にわたり公開講座を実施しました。

児童教育センター

コンピュータセンター

 大学内のコンピュータやネットワークの管理と、学生・教職員に対するコンピュータの利用支援を行っています。学生は、4教室にある150台のパソコンを学習活動に利用することができ、インターネットによる情報検索やレポート作成に活用できます。また、無線LANの利用が可能です。

コンピュータセンター

福祉研究センター

 山形県内の地域福祉に関する研究や実践の窓口としての役割を担っています。県内で行われている福祉実践への歴史的考察や地域福祉問題に関する調査研究などを、行政機関や福祉機関と連携して展開しています。このような活動をとおして県内の優れた研究や実践を掘り起こし、研究成果を公表することや地域福祉の向上に寄与することを目標としています。

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ