東北文教大学

カリキュラム

カリキュラムポリシー〈教育内容〉

基礎科目

汎用的能力・社会人としての基礎的能力を身につけるため、基礎科目必修16単位の修得を卒業要件として、「アカデミックスキル」「基礎学力」「キャリア」「メディアリテラシー」「総合」「リサーチ入門」の各科目を配置します。

コア科目

学問の方法を身につけ、歴史と文化を踏まえて人間や社会の出来事を総合的に理解し説明できるようになるため、「ことばとコミュニケーション」「現代と情報メディア」「文化の多様性」の各科目から、選択必修4単位以上、「関連」科目から選択必修6単位以上の修得を卒業要件として科目を配置します。

共通科目

実務遂行能力を身につけ、知識や技術をもとにコミュニケーション能力を高めるため、「教養」「語学」「情報」「医療秘書士」「図書館司書」の各科目を配置します。

発展必修科目

文化や社会の課題を分析・考察し自己の問題として課題解決への方向性を示すことができるようになるため、「卒業研究」必修4単位を配置します。

発展応用科目

汎用的能力・社会人としての基礎的能力、学問の方法、実務遂行能力・コミュニケーション能力をさらに高めるために、「ハイレベル」科目を配置します。

基礎科目

凡例
卒業必修 選択必修 上級ビジネス実務士 情報処理士 準デジタル・アーキビスト ピアヘルパー 図書館司書 医療管理秘書士(以下同)
区分1年次2年次
アカデミックスキル 基礎演習ⅠA 基礎演習ⅡA
基礎学力 基礎演習ⅠB 基礎演習ⅡB
キャリア 基礎演習ⅠC 基礎演習ⅡC 基礎演習ⅢC
メディアリテラシー 情報倫理と知的財産
総合 文化と社会
リサーチ入門 社会調査演習 民俗調査演習
情報分析演習

コア科目

区分1年次2年次
ことばとコミュニケーション 言語文化演習 コミュニケーション演習
現代と情報メディア 現代文化演習 情報メディア演習
文化の多様性 異文化演習 比較文化演習 ジェンダー論演習
関連 日本語のしくみ 言語文化の理解と発信 社会を見る眼 地域文化とデジタル・アーカイブ くらしと哲学 くらしと食 しぐさと社会 地域と多文化

共通科目

区分1年次2年次
教養 英米文化史 読ませる文学 日本文化史 地域と観光 心理学 人間関係論 人間と宇宙 ピアヘルピング概論 スポーツサイエンス 異文化相互理解 異文化体験演習 生活文化の理解と発信 生活と経済 就職のための教養 ビジネスコミュニケーション ビジネス文書
企業体験演習Ⅰ 企業体験演習Ⅱ キャリアデザイン
語学 英語ビジネス英会話 韓国語Ⅰ 韓国語Ⅱ 中国語Ⅰ 中国語Ⅱ フランス語Ⅰ フランス語Ⅱ  日本語ⅠA 日本語ⅠB 日本語ⅠC 日本語ⅠD 漢字検定 TOEIC
日本語ⅡA 日本語ⅡB 日本語ⅡC
情報 デジタル・アーキビスト概論 デジタル文書応用 ネットワーク応用演習Ⅰ 情報機器演習 情報検索 情報処理演習Ⅰ
文書処理演習 情報技術の基礎 ウェブサイト制作演習 業務システム構築演習  ネットワーク応用演習Ⅱ 情報処理演習Ⅱ 情報処理演習Ⅲ
医療秘書士 医療管理学概論 医療事務総論 医療事務演習
図書館司書 図書館基礎特論 図書・図書館史
図書館概論 図書館情報技術論 情報サービス演習B 図書館情報資源概論 情報資源組織論 情報資源組織演習A 生涯学習概論 図書館制度・経営論 図書館サービス概論 情報サービス論 児童サービス論 情報サービス演習A 情報資源組織演習B 図書館サービス特論 図書情報資源特論

発展必修科目

区分1年次2年次
卒業研究 卒業研究Ⅰ 卒業研究Ⅱ

発展応用科目

区分1年次2年次
ハイレベル 日本文学史 英米文学史 海外語学研修 TOEIC対策 編入学概説 編入英語 ※セメスター留学
日本文学 ハイレベル英会話 韓国語会話 文章表現法 プログラミング演習

履修系統図

総合文化学科 履修系統図1(PDF)
総合文化学科 履修系統図2(PDF)

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ