東北文教大学

文化コース演習

担当者:阿部裕美(教授)、阿部いそみ(教授)、伊藤弘昭(准教授)

 この科目は、総合文化学科1年の必修科目の一つで、実践的に学び考え、主体的学習能力の基礎を習得することを目的としています。授業の中核となるのは、インタビュー取材を中心としたフィールドワークで11月17日(火)に実施しました。

 今回は、「文化」を考える切り口として、山形市内で多様な情報発信を行っている企業・団体を取り上げました。取材を含む情報作成から表現・発信までの活動状況やその目的・方針、工夫・留意点に関するお話をもとに、地域や時代の文化背景・特性を考えるという趣旨のもと「株式会社大風印刷」「企業組合リンクシップ」の2社にご協力いただきました。フィールドワークでの取材成果は、12月16日(水)の「発表会」で報告しました。

 以下では、11月17日のフィールドワークから、12月16日の「発表会」までの様子を簡単にご紹介します。


【フィールドワーク】

 11月17日(火)大学バスに乗車し出発!
bunkaensyu01.JPG  6名で1グループをつくり、2グループずつにわかれ各社を訪問しました。


 株式会社大風印刷さんを訪問したグループでは、フリーペーパー誌『gatta!』を発行されているガッタハウス編集室の鈴木伸夫氏から「企画」「取材」活動を中心に、お話を伺いました。
bunkaensyu02.JPG bunkaensyu03.JPG


 「企業組合リンクシップ」さんを訪問したグループでは、『山形文庫』特に「自分史」と各種広報活動(広報誌・WEBページ作成)を中心に取材させていただきました。
bunkaensyu04.JPG bunkaensyu05.JPG


 両社とも学生の質問に対して、興味深いエピソードも交え、真摯に丁寧にお答えいただき、学生も大きな刺激を得ることができました。


【「発表会」に向けての準備】

 取材内容のとりまとめ、追加調査の検討、お礼状の作成などを、グループリーダーを中心に分担を決めて、皆で取り組みました。
 また、発表会のための具体的な資料作成についても、悪戦苦闘しながら進めました。パワーポイント作成、当日配布資料...そして通しリハーサル、とさまざまな作業が続きます。
bunkaensyu10.jpg


【発表会当日】

 12月16日(水)、ついに発表会の日になりました。
 ガッタハウスの鈴木伸夫氏、リンクシップの渡邉靖氏、伊藤洋子氏、渡邉香氏もご参加してくださり、貴重なコメントも頂戴することができました。
bunkaensyu11.jpg

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会