東北文教大学

言語文化の理解と発信

担当者:澤恩嬉(准教授)

 この授業は、Webカメラによるビデオ通話を利用して、学生たちが日本の様々な文化を本学の姉妹校である韓国の正義女子高校の生徒たちに紹介するという授業です。
 2,3回分の授業時間を費やしてグループで紹介する内容の調査やまとめを行い、その後ビデオ通話を行うという流れになっています。今回は、最初のビデオ通話の回の様子をお伝えします。韓国の高校生たちとの初めての顔合わせということで、ゲームをしながら交流を深める内容です。

IMG_001.JPG


 このグループは、日本の「旗上げゲーム」をしました。
IMG_002.JPG


 韓国の高校生たちも赤と青の旗に代わるものを持ってスタンバイしています。
IMG_003.JPG


 学生たちが日本語でゆっくりゲームの説明をしています。
IMG_004.JPG


 韓国の高校生たちが上手にゲームをクリアし、盛り上がることができました。
IMG_007.JPG


 このグループでは「だるまさんが転んだ」を行いました。
ゲームを進めるために韓国の高校生に指示を出しています。
IMG_005.JPG


 ビデオ通話はタイムラグがあるため、ちょっと違う「だるまさんが転んだ」を楽しむことができました。
IMG_006.JPG


 日本の文化を通して、韓国の高校生と楽しく交流できる授業です。外国の人に日本の文化を紹介するためには、まずは自分たちの文化をしっかり理解する必要がありますね。学生たちはこのあとの振り返りで、日本語で分かりやすく伝えることや、どうすれば興味を持ってもらえるかを考えることが大切だと気づきました。
 今回は第1回目で交流を中心とした通信でしたが、これからの通信ではどのような日本文化を紹介するのか楽しみです。

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会