東北文教大学

基礎演習ⅠC

担当者:佐藤晃(教授),齋藤由美子(准教授)

 この授業では、ビジネス現場における個人業務や協働業務のあり方について、演習をとおして学びます。
 今回の授業では、個人業務と協働業務の関係を学ぶために、グループでのマシュマロタワー制作を行いました。上手くできなかったところをグループで振り返って次に活かせるよう、マシュマロタワーの制作は2回行います。

 齋藤先生がマシュマロタワー制作のルールを説明しています。楽しく学べる授業ですが、授業が遊びで終わってはいけませんので、この説明の前には今日の取組の狙いも紹介しています。
DSC_001.JPG


 マシュマロタワーの制作が始まりました。グループでアイデアを出しながら、作業を進めていきます。どうやって高くするのか?がポイントになりますので、土台をしっかり作ろうというビジョンをもって始めたグループもありました。
kiso1c_002.JPG kiso1c_003.JPG kiso1c_004.JPG


 上手く立つかどうか、緊張の瞬間です。先生が高さを測りますが、測り終わるまでにタワーが倒れてしまってはいけません。 kiso1c_005.JPG kiso1c_006.JPG


 佐藤先生が結果の発表を行っています。今年度の受講者は非常に優秀な成績を収めました。また、2回目で成績を伸ばしたグループがある一方で、記録を伸ばそうとしすぎた結果2回目で成績を落としてしまったグループもありました。 kiso1c_007.JPG


 授業の終わりには、今日の作業内容をレポートとしてまとめました。作業を進める上で、工夫したことや重要だったことを振り返りました。次回の授業では、このレポートの内容をもとに、よりよい協働作業に必要なポイントを改めて考え合っていきます。 kiso1c_008.JPG

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ