東北文教大学

総合文化学科Q&A

Q
在学生はそれぞれの資格をどのくらいの割合で履修していますか?
A 上級ビジネス実務士は全員が履修します。そのほかは情報処理士が約60%、医療管理秘書士が約40%、図書館司書と準デジタル・アーキビスト、ピアヘルパーがそれぞれ約10~20%です(平成29年度の状況)。多い組み合わせは、情報処理士と医療管理秘書士、図書館司書と準デジタル・アーキビストです。なお、資格の組み合わせに制限はありませんが、全体の学習バランスを考えて資格科目を履修するよう指導しています。
青木 沙樹さん
総合文化学科:2年 青木 沙樹さん 東北高等学校出身
Q
卒業研究のゼミを通じてどのように成長できますか?
A 「ことばとコミュニケーションを考えるゼミ」「現代と情報メディアを考えるゼミ」「文化の多様性を考えるゼミ」では、学生一人ひとりの関心を大事に育てながら、現代社会を生き抜くための広い視野と深い洞察力を養います。学んだ「知識」を使って身の回りの関心事を自分にとって意味ある「知恵」にすることで、さまざまな場面で的確な理解と判断ができる力を養います。
野田 琴未さん
総合文化学科:1年 野田 琴未さん 山形県立新庄南高等学校出身
Q
卒業後の進路について不安なのですが、どのような進路サポートがありますか?
A 卒業後の進路を見据えた活動が入学と同時にスタートします。毎週行っている進路ガイダンスでは、就活の心構えやビジネスマナー、履歴書の書き方など就活で役立つ知識を学びます。また、自己分析・企業研究では、自分に合った業界・職種を研究します。担任との個人面談を定期的に行うことはもちろん、学生の希望に応じた面談も随時行われています。
岡崎 樹さん
総合文化学科:2年 岡崎 樹さん 山形城北高等学校出身
Q
公務員になりたいと思っていますが、対策講座などはありますか?
A まず、進路支援センターで行っている公務員試験対策講座があります。さらに本学科では、ことばの知識・運用を学び直す基礎演習IB、数や論理的操作を学び直す基礎演習IIBで、基礎を固めます。そのうえでコア科目で広く社会や文化に関する事柄を身につけます。こうした学習が公務員試験対策の基盤となっています。
鈴木 ななみさん
総合文化学科:2年 鈴木 ななみさん 山形県立高畠高等学校出身

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ