東北文教大学

第5回教育における情報化に関する研究会を実施しました

児童教育研究センターでは、7月1日(土)ゆうキャンパス・ステーションにおいて、「第5回教育における情報化に関する研究会」を実施し、46名の参加がありました。

2.JPG

はじめに、本学人間科学部子ども教育学科 眞壁豊 准教授より、教育の情報化に関する情勢の概観を説明しました。

3.JPG

続いて、宮城教育大学技術教育講座 安藤明伸 准教授より、プログラミング的思考の解説とプログラミング教育のあり方について講演いただきました。

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

研究会後半のシンポジウムでは、本学卒業生で現小学校教員の坂野豊穂氏と日野勝氏より勤務小学校でのプログラミング教育や情報教育についての発表があり、それぞれの現況に沿った教育として今後何ができるのかを眞壁准教授と安藤准教授より提案いただきました。

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

参加者からは、「他校の現状を共有できてほっとした」「プログラミング教育については不安な気持ちが多かったが、研究会に参加し、できるところからまずやってみようという気持ちになれた」等の感想があり、プログラミング的思考そしてプログラミング教育についての理解が深まる会となりました。