東北文教大学

卓球部が全国短大大会で女子団体準優勝

 8月7日(月)~10日(木)まで東京を主会場に、6競技において熱戦が繰り広げられました。
 卓球競技は小金井市総合体育館で開催され、本学卓球部の女子団体が準優勝と輝かしい成績を収めることができました。また、ダブルス・シングルスにおいても第3位と全種目で入賞することができ、今後の大会に弾みができました。
 全種目で入賞した佐藤千里選手からは「厳しい戦いもあったが、今はほっとしている。多くの課題が見つかり、今後の大会に向けて頑張っていきたい」との言葉があり、更なる意欲を見せています。
 大会結果は次の通りです。

女子団体    準優勝
<柏倉真子(総文2年)、我彦美沙希(総文2年)、佐藤千里(子ども1年)、石山七彩(子ども1年)>

女子ダブルス  第3位   柏倉・佐藤組 

女子シングルス 第3位   佐藤千里
           ベスト8  柏倉真子
表彰式.JPG柏倉・佐藤組.JPG柏倉選手.JPG我彦・石山組.JPG佐藤選手.JPG