東北文教大学

平成29年度 児童教育研究センター公開ワークショップを開催しました

児童教育研究センターでは、8月12日(土)に本学において平成29年度児童教育研究センター公開ワークショップを実施いたしました。

1.JPG

「STEP(ステップ)に基づく子どもたちへの接し方・指導の仕方」と題して、講師に山形大学地域教育文化学部教授 松﨑学氏をお招きし、学内外から38名の参加がありました。

2.JPG

松﨑先生の講話や異なる職種同士でのグループワークを通して、家庭や学校生活の中でSTEPに基づく考え方をするとどのようなアプローチができるのか、普段とは違った見方や対応の仕方を学び理解する内容となりました。

3.JPG

4.JPG

参加者の感想(アンケートより一部抜粋)
「自分のこれまでの関わり方について考えるとてもいい機会になった。どうしても子ども自身に考えさせて実行させるというよりも、行動の方法についていくつか策を挙げて選ばせることが多かったように思う。その行動はどのような表れなのか、しっかり考えていきたい。」
「母親としても、自分の子に接する時に誤った関わりをしていたので、学んだことを活かしていきたいです。」