東北文教大学

「介護の未来を考える会」の活動に参加しました

 人間福祉学科1、2年生が介護の未来を考える会(代表 阿部クリニック院長 阿部憲史氏)に参加しました。
介護人材不足が深刻化する中、山形市内の訪問介護事業所が中心となり、訪問介護の魅力を発信する取り組みが行われました。11月7日から11月11日まで山形駅コンコースにて行われたパネル展には2年生が介護川柳を作成し、展示しました。また、11月8日に開催された介護の未来を考える会では「訪問介護の存在意義について」シンポジウムが行われ、1年生が参加しました。介護福祉の将来を担う学生たちにとって、介護の啓発活動に参加し、実際に介護の現場で活躍する介護職員の方々とふれあい、お話を聞けたことは大変貴重な機会となりました。
1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG