東北文教大学

平成29年度COC/COC+シンポジウムにて人間福祉学科の学生が発表を行いました

12月15日(金)、平成29年度COC/COC+シンポジウム「オール山形による地域創生人材育成の今とこれから」が山形国際ホテルにて行われ、学生による事例報告の部において、人間福祉学科2年の安達明日香さんが発表を行いました。

安達さんからは、「在宅高齢者訪問活動とぶんきょうサロン」というテーマで、地域活動を通して見えてきた課題や、自分たちの役割についての考察について報告があり、発表の中では、ぶんきょうサロンの当日の映像交えるなど、他大学の参加者へもわかりやすく説明をされていました。

coc_01.JPG

coc_02.JPG

なお、このシンポジウムでは学生の事例報告のほか、弘前大学のCOC/COC+の取組みについての基調講演や、西川町のまちづくりにおける事例報告、そしてインターンシップ受け入れ企業からの事例報告など、地方創生に関する幅広いテーマで報告があり、様々な取り組みを知ることができる有意義な機会となりました。