東北文教大学

「生活習慣病予防のための減塩推進スキルアップ事業」が開催されました。

2017年12月15日、子ども教育学科4年次「子どもの食と栄養Ⅱ」授業にて、山形市食生活改善推進協議会の方と山形市保健センターの管理栄養士の方を講師にお招きして、「生活習慣病予防のための減塩推進スキルアップ事業」を開催しました。これは今年度厚生労働省より山形県に委託された事業で、若者の朝食欠食、野菜摂取、減塩に力を入れて取り組み、学生のための食育につなげようとするものです。

山形市食生活改善推進協議会からは大場州子会長をはじめ7名の食生活改善推進員の方がいらっしゃいました。豚汁を調理し、学生に調理上の留意点、減塩の必要性などについて、実生活に結び付けたわかりやすいご指導をしていただきました。

豚汁の作り方を実演していただいています。
DSC040980.jpg
かつお節からだしをとります。
DSC041280.jpg
できた豚汁の塩分の濃さを測定しています。標準的なみそ汁の濃さは0.8~1.0%です。
DSC041380.jpg
試食タイムです。「だし汁からとっているのでおいしい!」との感想があがりました。 DSC041460.jpg