東北文教大学

第2回ぶんきょうサロンを開催しました

2月10日(土)地域の高齢者をお招きして、ぶんきょうサロンが開催されました。南山形地区、蔵王地区、本沢地区から56名の方が参加してくださいました。午前中は、本学科熊谷教授の講座「漢字の成り立ち」を聞いていただきました。1年生とハンドマッサージや創作活動、ジェンガや黒ひげ危機一髪などのゲームを通して交流しました。また、会食の後には、学生の歌体操や歌の披露に合わせて、皆で身体を動かしていただきました。 
今回は高校生を対象とした介護セミナーを同時開催とし、地域の高齢者と学生、さらに高校生とが多世代との交流を楽しむ機会ともなり、笑い声の絶えない1日となりました。 
学生にとって高齢者との交流はコミュニケーション力やおもてなしの気持ちを養う学習となり、今後の介護福祉士を目指す学習の励みとなったようです。

<高齢者の方のアンケートからの一言>
・楽しい1日を過ごさせて頂きありがとうございました
・学生さんも元気で生き生きしていて、学校の雰囲気も良かった
・生徒さんの成長が感じられて嬉しく、楽しかったです。色々な世代とも交流出来ました
・一生懸命が伝わって良かった
・身近なこういう催しに感動しました。これから自分の為、他人の為に頑張ってください
・学生の皆さんがとても親切で好感がもてました。また参加したいです
・久しぶりに学びの感覚を思い出し嬉しかった
・高校生との交流も楽しく、ハンドマッサージが本当にあたたかく気持ちがほぐれました
P1070066.JPG
DSC04255.jpg
DSC04242.jpg
P1070028.JPG
P1070039.JPG
P1070102.JPG
P1070124.JPG