東北文教大学

山辺町の「地域食堂」が開催されました

 7月28日(土)、山辺町社会福祉協議会主催で小学生と高齢者など地域交流を目的とした第1回「地域食堂」が開催されました。本学は共催となっており、ボランティアスタッフとして子ども教育学科学生2名、子ども学科学生2名、人間福祉学科学生10名が参加しました。他に、参加者は小学生、高齢者、山辺高校生(ボランティアスタッフ)、食事ボランティア、スタッフなど含めると50名を超えました。レクリエーション活動として、紙トンボ・ブンブンごま、けん玉・お手玉、折り紙、水でっぽう、ジェンガ、かき氷などコーナーを設け学生たちがそれぞれサポートしました。お昼には食事ボランティアの方々が作ってくださった親子丼を全員でおいしくいただきました。

 なお、この「地域食堂」は月1回のペースで開催を予定しております。

地域食堂2.JPG地域食堂1.JPG地域食堂3.jpg

地域食堂4.JPG

参加者の感想(アンケートより)

・水でっぽうでいっぱいかけあいっこできて楽しかった。大学生といっぱい遊べてよかったです。(小学生・女子)

・活動がすべて楽しかったです。また、子どもたちもお年寄りの方もみんないきいきとしていて、今後も地域食堂が続いていけばいいなと思いました。ボランティアさせていただきありがとうございました。(高校生・女子)

・地域の方や子どもたちと一緒に触れ合いながら遊ぶことができてとても楽しかったです。次、このような機会があればまた参加したいと思いました。ご飯もとてもおいしかったです。(大学生・女性)

・地域の方がたと学生のみなさんとお話しをしてコミュニケーションが出来た事が良いと思いました。(80歳代・男性)