東北文教大学

台湾銘伝大学応用日本語学科長が来学し、懇談会を行いました。

 本学と学術交流協定を結んでいる台湾の銘伝大学より、応用日本語学科長の蔡豊琪先生が9月10日(月)来学し、鬼武学長をはじめ、関係教職員との懇談を行いました。銘伝大学とのコーディネーターを担当している山形大学の先生も同席し、交流内容について活発に意見交換がなされました。東北文教大学と銘伝大学はこれからも多方面で交流を深めていくことを確認しました。そのあと、蔡先生は後期から本学で半年間留学生活を送る同大学の2名の学生に会い、激励を送りました。本学としては銘伝大学からの初めての交換留学生であり、後期にスタートするカリキュラムを履修する初めてのケースですので、山形の自然や文化を味わいつつ勉強に励んでもらうことを願っています。

IMG_1609-1.jpgIMG_1587.JPGIMG_1588.JPGIMG_1599.JPGIMG_1611.JPG