東北文教大学

南山形小学校6年生と「南山形周遊ツアー」を行いました

平成30年10月25日、南山形小学校の6年生44名及び引率教員4名と、地域のガイドスタッフ2名、本学の学生ボランティア7名及び教職員4名が、「南山形周遊ツアー」を行いました。

現在、南山形小学校の6年生では、総合的な学習の一環として、南山形地区を詳しく調べ、地域の良さを再発見してたくさんの人に広める活動を行っています。 この日は2つのコースに分かれて、地域ガイドスタッフの方から説明を聞きながら南山形地区を歩いて回りました。

写真1.JPG

写真2.JPG

2つのコースはどちらも10km近くありましたが、学生ボランティアの励ましもあり、子どもたちは元気に歩ききることができました。 ツアーを終えて小学校へ戻った後も、地域ガイドスタッフの方にさらに詳しいお話を伺いました。子どもたちは周遊ツアー中に気になったことを質問するなどしていました。

写真3.JPG

当日は天候にも恵まれ、参加者全員が怪我もなく、周遊ツアーを楽しむことができました。 ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

以下、参加した学生の感想です。

私自身、子どもたちと一緒に南山形地区のことを学ぶことができ、大変有意義な体験になりました。近くに古墳があること、参勤交代の通り道になったこと、など教科書をそのまま学習するよりも、子どもたちにとって何倍も興味深い学習になったのではないかと思います。社会的な見方や郷土愛を深める、体験学習のあり方を考えさせられました。 私の祖母は、南山形地区出身で、家に帰って今日の話をしたら、南山形の歴史をたくさん話してくれました。今回の体験が祖母とのつながりをより深める機会ともなりました。 こういう機会がまたあれば、ぜひ参加したいなと思います。 (子ども教育学科3年 齋藤優花)