東北文教大学

協定校サイバー韓国外国語大学と洪州高等学校を表敬訪問しました

2018年11月19日(月)の午後には、協定校であるサイバー韓国外国語大学を表敬訪問しました。本学とは2017年12月27日に学術交流に関する協定書を交わしており、今年度の9月からサイバー大学の学生1名を交換留学生として受け入れています。また、現在本学の学生1名がサイバー外国語大学の講義をオンライン受講しており、来年度は3名の学生が講義を受講する予定です。eラーニングで勉強ができるので、日本にいながらインターネットで海外の大学の講義が受けられます。英語・韓国語・日本語・中国語などのカリキュラムが組まれており、日本ではあまり見られないインターネット教育システムです。

訪問に際しては、サイバー韓国外国語大学より熱烈歓迎を受け、金重烈(キム・ジュンヨル)総長、鄭炫赫(チョン・ヒョンヒョク)日本語学部長、尹鎬淑(ユン・ホスク)日本語学部教授と日本人教員2名と懇談を行い、今後の交流内容について活発に議論いたしました。また、講義撮影スタジオの見学やインターネット講義のシステムに関する説明を含む大学紹介も行われました。

写真4.JPG

写真5.JPG

写真6.jpg

2018年11月20日(火)には、韓国洪城(ホンソン)にある洪州(ホンジュ)高等学校を表敬訪問にしました。洪州高校とは2018年2月27日に、オンラインシステムにより学術交流に関する協定の締結式を行っています。今後、洪州高校より留学生(生徒)を受け入れるためにも、協定校を実際に見学し、本学について説明するための訪問でした。高校では李キュヨン理事長をはじめ、鄭ウィソン教頭、崔ジンス教務部長、金キヨン進路部長、李ジョンピル行政室長が温かく対応してくださいました。

また、海外留学に興味を持っている1・2年生の生徒さんに、大学説明の機会を与えていただきました。日本での暮らしや山形の気候、学習内容や進路について等々、質問も多く出され、一人一人の疑問や不安の声に丁寧に答えることができました。洪州高校の生徒さんが興味をもって東北文教大学に留学してくれることを期待しています。

写真7.JPG

写真8.JPG

写真9.JPG

写真9-2.JPG

2018年11月20日(火)の夕方には、韓国で活躍している本学の卒業生との懇談を行いました。近況報告や留学していたころの学生時代の話で華が咲き、あっという間の楽しいひと時でした。これからも元気で活躍することを祈念しています。

写真10.JPG