東北文教大学

コーラス部が夢工房にて「クリスマスコンサート」を行いました

 東北文教大学コーラス部が、12月22日に夢工房にて「クリスマスコンサート」を行いました。

1.jpg2.jpg3.jpg4差し替え.jpg

 

 東北文教大学コーラス部 副部長 子ども教育学科3年 小関愛美(山形北高出身)

 12月22日(土)に障がい福祉サービス事業所である夢工房においてクリスマスコンサートを行いました。私たちが楽しんで演奏することはもちろんのこと、簡単な動きをつけた「線路は続くよどこまでも」やドレミパイプを伴奏に用いリズムアンサンブルを取り入れた「大きな栗の木の下で」など、夢工房の皆さんにも一緒に楽しんで頂けよう工夫しました。そのため、最後の曲では、利用者の皆さんと一緒に演奏することができ、私たち部員も楽しむことができたと同時に、貴重な経験をさせて頂きました。

 夢工房の方々からも「楽しかった」という感想も多く頂き、音楽を通して交流を深められたことを本当に良かったと思っています。このような機会を与えてくださった夢工房の皆様に心より感謝申し上げます。