東北文教大学

子ども学科が教員研修会を実施しました。

 子ども学科では、3月20日(水)に教育研修を行いました。

 「学生の学びを深めるために -リフレクションムーブの基礎を知る-」というタイトルで、教育学、道徳教育、学習支援論がご専門である本学子ども教育学科の足立佳菜講師より講義をしていただきました。

 予測不能な変化の激しい社会に前向きに対応すべく生きる力の育成がこれまで以上に求められ、大学教育においても同様であります。そこで、学生自身が学びを深め、学び続ける力や成長し続ける力、汎用的力や学びの基礎となる資質能力を身につけるために、「リフレクション」をキーワードにした内容の研修です。

 自律的・能動的な学習者である学生を育てるためのリフレクションの重要性、その際の教員の役割、授業の実際等について、講義だけではなく演習も交えていただきながらより具体的に学ぶことができ、今後の授業の工夫や改善について深く考える有意義な研修となりました。

H310320 子ども学科教員研修1.jpgH310320 子ども学科教員研修2.jpg