東北文教大学

留学生が課外活動に行ってきました。

6月21日金曜日に、留学生別科、協定大学(韓国サイバー韓国外国語大学、台湾景文科技大学)の留学生が課外活動に行ってきました。午前中はさくらんぼ狩り体験をしてから山寺立石寺に登頂しました。また、午後には山寺焼き体験を行いました。さまざまな国・地域からの学生が一緒に山形の自然や文化を体験する機会となりました。

DSCF0878.JPGDSCF0889.JPGDSCF0901.JPGDSCF0874.JPGthumb_PICT3294.jpg

参加した留学生の感想です。

・今日はさくらんぼをたくさんとった。赤くてきれいだった。そしてちいさいサイズでかわいかった。その後、山寺に行った。とても高いところにあるところだった。私はのぼる中、からだの状態が悪くなったので、途中でのぼるのをやめた。最後までのぼった人たちの話によると、山寺でみた山のしたの景色はとてもきれいだったようだ。みんながやまから降りてきたあと、昼ごはんを食べに行った。いもにという鍋料理はとてもおいしかった。そして、とうじきを作りに行った。私はコップとちゃわんを作った。とてもたのしかった。

・はじめに食べたさくらんぼは、思ったよりおいしかった。また機会があれば食べたい。昼食もおいしかったけど、いもにが一番おいしくて記憶に残る。活動は焼きもの作りが楽しかった。また、山寺にいきたい。

・山形に来る前からこの文化体験プログラムを見て必ず参加したいと思いました。私にとってさくらんぼ狩りが交換留学生として留学することになった決定的な理由でした。当日、雨が降ったらどうしようと心配しましたが、いい天気だったので、思ったよりもっと楽しかったです。いい経験をくださった先生たちと学校に感謝いたします。参加できて幸せでした。

・初めて食べてみたさくらんぼがおいしかったです。雨が降らなくてよかったです。山寺の景色がとてもよかったです。秋になるともっときれいだとおもいます。たのしい体験でした。