東北文教大学

第17回「保育職就職セミナー2019」を開催しました

 東北文教大学短期大学部第17回「保育職就職セミナー2019」を、子ども学科2年生を対象に令和元年7月13日(土)に開催しました。これは、毎年進路支援の一環として行っているもので、県内の幼稚園・認定こども園から5名、保育所から5名の先生方を面接官としてお招きし、就職の面接試験を想定した模擬面接を行うものです。2年生は、5月のガイダンスから園研究の仕方や面談票の書き方、面接マナーについて学び、準備してきました。当日は、面接官の先生方から入室からの態度や話し方、様々な質問への受け答えなどについてのアドバイスをいただき、保育の専門性を身に付けた職業人としての心構えを養いました。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.jpg

面接をご担当いただいた先生方

  【午前の部】

豊 島 孝 宏 先生(学校法人金井学園 金井幼稚園(山形市) 園長)

井 上 順 男 先生(学校法人諏訪学園 認定こども園諏訪幼稚園・諏訪の杜保育園(山形市) 園長)

渡 辺 修  先生(学校法人専称寺学園 認定こども園大谷幼稚園(山形市) 園長)

張 﨑 正 裕 先生(学校法人東谷学園 天童東第二幼稚園(天童市) 園長)

島 貫 優 子 先生(学校法人音羽学園 戸塚山こども園(米沢市) 園長)

  【午後の部】

菅 原 光 輝 先生(社会福祉法人道形保育会 道形保育園(鶴岡市) 園長)

荒 木 孝 先生(社会福祉法人ユトリア会 おおとみ保育園(東根市) 園長)

長 岡 慈 子 先生(社会福祉法人たんぽぽ会 たんぽぽ保育園(山形市) 園長)

大 場 麻 美 先生(社会福祉法人チトセ会 幼保連携型認定こども園 こども園ののはな(山形市) 園長)

押 野 美佐江 先生(社会福祉法人金井嶋育成会 嶋ほいくえん(山形市) 園長)

【2年生 アンケートより】

・2人の園長先生の面接を体験できたことで、様々な質問や雰囲気を感じることができた。この緊張感は、今後役立つように感じた。

・どう答えようというよりも、単純に自分が働いたらどうするか考えさせられる場面が多く、とても勉強になった。答えを探すよりも自分の意見を堂々と言うことが大切、という言葉が心強かった。

・自分の課題が良く分かる機会になりました。また、それ以上に友人と共に面接に臨んだことで、質問への答えに自分にはない考えや素晴らしさが見られ勉強になりました。学ぶことがあふれる貴重な時間でした。

・自分が考えた以上に保育に関する質問が多く、知識の幅広さを求められているのだと感じた。時事問題や常識的な質問もあったため、自ら普段学ぶということが大切であると思った。

【見学した1年生アンケートより】

・来年の模擬面接に向けて、事前に面接の雰囲気や質問内容について知ることができ、とても良い機会になった。園長先生のアドバイスを聞き、良い印象を持ってもらうために格好つけたりうそをついたりするのではなく、ありのままの自分で自信をもって面接を受けることが大切だと感じた。

・最近のニュースにしっかりと目を向けることが大切だと感じた。また、そこからきちんと自分の意見を述べることができるようにしなければならないと思った。面接で答えている先輩方を見て、言葉遣いや姿勢、答え方を学ぶことができた。

(文責:進路支援センター)

※写真使用許諾取得済