東北文教大学

総合文化学科授業「基礎演習ⅢC」で企画発表会を行いました[7/11、7/18]

7月11日と18日の2週にわたり、総合文化学科2年次の必修である「基礎演習ⅢC」の授業で、商品や販売企画内容の発表会を実施しました。

基礎演習ⅢCは、企業情報の収集や企業訪問などの体験をもとに課題をとらえ、その解決策をグループワークで考える授業です。今年度は、菓子製造販売、カフェ・レストラン関係の企業の方々にご協力いただき、各グループでインタビューを行いました。受講者は、企業の方からお聞きしたお話をもとに現状分析を行い、その解決策として商品開発や販売方法に関する企画書を作成し、発表しました。

11日に5グループ、18日に6グループの、計11グループが、スライドを使って発表を行いました。

11日の発表では、La Jomonの熊谷太郎様、草木染工房瓶屋の佐久間政子様、かわいい雑貨屋chotto futtoの多田祐子様にゲストとしてお越しいただき、ご指導やご助言を賜りました。

DSC_0137.JPGDSC_0023.JPGDSC_0029.JPGDSC_0031.JPGDSC_0044.JPGDSC_0056.JPGDSC_0062.JPGDSC_0085.JPGDSC_0099.JPGDSC_0103.JPGDSC_0119.JPG

DSCF1010.JPGDSCF1048.JPGDSCF1019.JPG

18日の発表では、乃し梅本舗佐藤屋本店の佐藤慎太郎様、シェ・ミオ洋菓子店の三宅功太様、茶蔵山形店の井上みどり様にゲストとしてお越しいただき、ご指導やご助言を賜りました。

DSCF0601.JPGDSC_0013.JPGDSC_0020.JPGDSC_0029.JPGDSC_0033.JPGDSC_0038.JPGDSC_0046.JPGDSC_0062.JPGDSC_0065.JPGDSC_0075.JPGDSC_0090.JPGDSC_0096.JPGDSC_0072.JPG

ゲストの皆様からは大変貴重なコメントを頂戴し、学生たちにとっては企画書や発表内容を振り返る良い機会になりました。

各自が発表への姿勢、プレゼンテーション内容などの足りない部分について真剣に向き合い、コメントを書いていました。

(文責:総合文化学科)

※写真使用許諾取得済