東北文教大学

ダンス部とええじゃないかが蔵王駅前の「夏祭り」に参加しました

2019年8月4日、ダンス部とええじゃないかが、ヤマザワ蔵王駅前店駐車場で行われた「夏祭り」に参加しました。

ダンス部は、南山形音頭「パラフレーズ」レッツダンスと、「くるくるひまわり」の手遊びを披露しました。

南山形音頭「パラフレーズ」レッツダンスでは、参加者の方々と一緒に元気いっぱい踊ることが出来ました。手遊びでは、来場者の方々と一緒にひまわりになりきりながら踊りました。会場いっぱいにひまわりが咲いたように思いました。


また、教育力向上サークルええじゃないかは、「お手玉当て」を考案し、子どもたちと一緒に遊びました。

地面のレジャーシートに描いてある大小の丸に入るように、お手玉を離れたところから3回投げ、高得点を狙う遊びです(小さい丸ほど高得点)。沢山の子どもたちが集まり、共に楽しみました。

以下、ダンス部とええじゃないかの部員の感想です。

 私は今回初めてこのお祭りに参加しました。参加してみて、私達が踊った南山形音頭「パラフレーズ」レッツダンスをみた老若男女の方々が、一緒に盛り上げてくださり、踊ってくれました。改めて南山形音頭は、地域の方々に愛され宝物であるということが分かりました。また一緒に踊る楽しさを感じることができました。地域の方々の笑顔を沢山見ることができてとても嬉しいです。来年もまた今年以上に楽しい手遊びとダンスを思いっきり披露したいです。

子ども教育学科1年ダンス部 齋藤伽奈 (寒河江高等学校出身)

 地域の皆さんに楽しんでいただこうと子どもたちの体の動きなどを考えつつ、今回、お手玉的当てを企画させていただきました。本番前からメンバー同士で話合いを重ね準備を行ってきました。当日も子どもたちが真剣な顔で挑む姿、喜ぶ姿を見たり、予想と違った時の対応法を考えたりと学びへとつながりました。活動後も子どもたちへの関わり方などを考えることでさらに学ぶことができました。これからも活動は続いていきます。教育力向上を目指し頑張っていきたいと思います。

子ども教育学科3年ええじゃないか 小野真柚子 (新庄東高校出身)

(文責:ダンス部・ええじゃないか)

写真①.JPG
写真②.JPG
写真③.JPG
写真④.JPG
写真⑤.JPG

(※学生写真使用許諾済。他、モザイク加工。)