東北文教大学

人間福祉学科2年生の介護実習Ⅲが終了しました

人間福祉学科の2年生は、最後の実習となる介護実習Ⅲが終了しました。

介護実習Ⅲは、8月17日(月)から9月23日(水)までの27日間という長期にわたる実習となりました。

今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、学生は実習開始前、実習中、そして実習後と健康チェック、生活行動など健康観察記録を日々行いながら、実習に臨みました。

介護実習の現場では、指導者の方々の指導を受け、学生は多くの体験を重ねながらコミュニケーションをはじめとする介護技術を実践しました。

 特に今回の実習は、一人の利用者の方を受け持ち、情報収集を行い、介護計画を立てて実践を行います。学生たちは利用者の尊厳を大切に、一人ひとりに応じた介護過程を展開し、介護の専門職としての多くの知識・技術を学ぶことができました。

実習Ⅲ・1.png

大学に戻ってからは、早々にグループ毎にふりかえりを行い、10月20日(火)に「介護実習Ⅲ報告会」を行いました。報告会には1年生も参加し、1、2年生ともに活発な質疑応答が交わされ、実に実りある有意義な報告会となりました。                         (文責:人間福祉学科)

※写真使用許諾取得済

DSCF0832.JPG
DSCF0861.JPG実習Ⅲ‐2.pngDSCF0877.JPG