東北文教大学

山形県警と協力して、電子マネー詐欺防止封筒を作成しました

様々な特殊詐欺の被害を防ぐため、山形県警はコンビニでの電子マネー購入者に向けたオリジナル封筒を作成しました。本学子ども学科1年生の松木萌さん、森谷雛さん、木村文さん、福田珠生さんの4名が封筒デザインを担当しました。この封筒は、来月から山形県内のコンビニ約500店舗に3万枚配布されます。

電子マネー詐欺は、お年寄だけでなく、学生と同年代の若い人も被害に遭っています。今回のこの封筒作成をきっかけに、自分たちや、身近な人たちも被害に遭う可能性があるということを知ってもらい、少しでも詐欺が減少することを願っています。

DSC_5578 (2).jpg

文責:中俣友子
*写真使用許諾済