東北文教大学

本学学生有志が作成に携わった地域独自のマップが完成

 本学近郊にある山形市成沢地区の独自マップ「すこだまたんとまっぷ」(制作:成沢郷土史研究会)のリニューアルに、本学学生10名がボランティアとして参加しました。
 成沢地区に数多く残る歴史文化遺産や、自然環境についての写真や説明のほか、徒歩で各所を周遊できるお勧めの3コースを紹介しています。

P3110018.JPG

 昨年秋ころからリニューアル活動を開始し、本学学生はマップに掲載する写真の撮影や、実際に周遊コースを巡りながら原稿作成などにも関わりました。マップのタイトル「すこだまたんとまっぷ」も、学生が提案したものが見事採用されました。
 完成にあたり、3月11日(金)に成沢郷土史研究会代表の河内氏が来学し、学長はじめ有志の学生たちにマップをお披露目しました。

P3110021.JPG

 学生たちは、趣味の写真撮影技術を生かしたり、興味があった企画・制作に携わり、自分たちの活動が形として現れたことに、やりがいや達成感を感じたようでした。このマップは今後、成沢地区の方々や公共施設などに配布する予定です。

文責:入試広報センター