東北文教大学

児童文化部 ボランティア活動 ~お話の世界へようこそ~

~お話の世界へようこそ~

テーマ「お話の世界へようこそ」.JPG

 3月27(日)やまぎん県民ホールに於いて、「やまぎん県民ホール オープンハウス2022」が開催されました。催し物が15ヶ所程あり多くの団体が参画する中、本学児童文化部は、~お話の世界へようこそ~というテーマの基、手遊びの後、大型紙芝居・エプロンシアター・パネルシアターを使ってお話を楽しんでもらえる内容を企画しました。
 当日は、乳幼児から小学生まで幅広い参加者で大盛況となり、学生が醸し出す温かく親しみやすい雰囲気の中で、親子一緒に楽しく見たり参加したりしてもらうことができました。 20分間の公演を3回開催し、会場に沢山の笑顔が溢れる素敵なひと時になりました。
 このような学外でのボランティア活動の経験を重ねることが、学生の大きな成長と実践力に繋がっていくことは間違いありません。コロナ禍で思うように部活動ができない日々が続いていましたが、今年度最後の活動を感動と笑顔で終えることができました。

子ども教育学科3年生 児童文化部部長 金田 美緒

 今回、やまぎん県民ホールでのイベントに参加させていただきました。想像以上に多くのご家族が来てくださったことに驚きと嬉しさの気持ちが大きかったです。たくさんのご家族の前で、手遊びをしたり大型紙芝居を演じたり、エプロンシアター、パネルシアターなどを実践できたことは、私たち児童文化部の部員にとって貴重で大切な経験になりました。手遊びの場面で一緒に手を動かして楽しんでくれたり、問いかけに対して元気に反応してくれたりする子どもたちの姿が印象的でした。そして、何より可愛い子どもたちの笑顔が見られたこと、保護者の方々から「ありがとうございました」「楽しかったです」というお声をいただけたことがとても嬉しかったです。
 今後も子どもたちに「楽しい」と思ってもらえるような活動を行っていけるよう、部員一同頑張っていきたいと思います。

手遊び1.JPG

みんなで手遊びを楽しもう!

紙芝居.JPG

大型紙芝居『ごきげんのわるいコックさん』

エプロンシアター2.JPG

エプロンシアター『おべんとうバス』

パネルシアター1.JPG

パネルシアター『やおやのみせ』

(写真掲載許諾済)
文責:児童文化部顧問 横沢文恵