東北文教大学

【重要】新型コロナウイルス感染防止対策徹底継続のお願い(10/11)

学生・教職員のみなさんへ

 山形県では、新型コロナウイルス新規感染者数が減少し、県独自の注意・警戒レベルが10月9日(土)にレベル4(特別警戒)からレベル3(警戒)に引き下げられました。
 一方、今後も感染力の強い変異株によるリバウンドを警戒する必要がありますので、引き続き以下のことについてご理解、ご協力をお願いします。

1.感染防止対策の徹底について

    ①ワクチンの効果は高いものの100%ではありません。2回のワクチン接種を終えた後に、新型コロナに感染した事例が複数確認されています。ワクチン接種を終えた方も、引き続き感染防止対策の徹底継続をお願いします。
    ②感染力が極めて強いデルタ株などの変異株を厳重に警戒していただき、不織布マスクの着用や、こまめな手洗い、消毒、三密の回避、換気の履行など基本的な感染防止対策の徹底を継続してください。

2.県外との往来について

    ①県境をまたぐ移動は、ワクチン接種や移動先の感染状況を踏まえ、慎重に判断してください。(※ 通学・通勤などの往来は除きます。)
    ②基本的な感染防止対策に努め、会食は控えるなど「うつさない」・「うつらない」、自分とまわりの人を守る行動をしてください。

令和3年10月11日
東北文教大学
東北文教大学短期大学部
学長 須賀 一好