東北文教大学

子ども教育学科

子ども教育学科 日野 勝さん

学科長からのメッセージ

学科長 鈴木 隆[スズキ タカシ]

ひとりひとりに寄り添う きめ細やかな指導

子ども教育学科では、「小学校教諭一種免許状」「幼稚園教諭一種免許状」「保育士資格」の免許・資格を取得可能ですが、「小学校教諭+幼稚園教諭」「保育士+幼稚園教諭」のいずれかの組み合わせで免許・資格の取得をめざす形となっており、そのためのきめ細かい指導を行っています。幼児から児童への成長、発達のつながり、また、それに伴う適切な支援のあり方などの連携教育に重きをおく方針は、東北文教大学の特長です。付属幼稚園が隣接し、日ごろから子どもたちと身近に接しながら学ぶことができるという非常に恵まれた環境も、本学ならではの利点です。

stakashi.jpg

子ども教育学科の特色

乳幼児から学童期への連続した育ちを学びます。

幼稚園や保育園での乳幼児期の「遊び」で養われた感性を大切にしながら、小学校の「学び」への興味や関心につなぐことができる、知識と技能を身につけた先生を育成します。

乳幼児期

乳幼児は「遊び」から自主性や思いやりを育んでいます。そうした成長を妨げることがないように、子どもの内面を見つめ、子どもの感性やよい面を引き出し、さらには自分自身の「子どもへの対応」を振り返ることも大切です。

学童期

学童期の教育項目には、「遊び」に関するものが少なくなります。大切なのは、子どもが主体的に取り組める学習環境をつくること。それにより知ることへの興味や関心が高まり、友だちとともに問題を解決していく力が育まれます。

家庭の子育てを支援します。

子育てへの悩みを抱える保護者が増える中、子どもと家庭に関係するさまざまな問題にも適切に対処できるように、保護者を総合的に支援するための学習と研究を行います。

少子化や核家族化、都市化などにより、人間関係が希薄となるため、子育てをする保護者にとって頼れる存在が少なくなり、家庭や地域の教育力の低下が危惧されます。だからこそ、保護者を総合的に支援できる教育・保育のプロが求められています。

tokusyoku_img_2.png

地域社会とのつながりを深めます。

コミュニケーションの楽しさや大切さを伝えられるように、地域社会と積極的に交流し、多くの人々とふれあいながら地域全体で子どもを育てる実践力と広い視野を身につけます。

地域社会とのつながりを実践的に学ぶ

1年次から積極的に現場へ! 教育ボランティア

実践的な指導力を有する教員を養成するため、教育ボランティアを展開しています。学生は1年次から「スクールサポーター」(地域によって名称が異なります)として毎週、小学校に通い、学級での学習指導の支援活動を行います。

現場でさらに多くのことを体験!インターンシップ

将来の保育現場での自分をイメージできるように、幼稚園・保育所の協力を得て、インターンシップ(現場体験活動)を行えるように支援しています。保育専門職希望者にとって、現場を知り実践力を高めていく絶好の機会です。

教育力向上サークル"ええじゃないか"

主に幼児・児童・親子向けのイベントを企画し、運営している学生サークルです。地域のイベントにも積極的に参加し、講義だけでは学ぶことのできない、子どもとの関わり方や保護者との接し方などを実践的に学ぶことができます。

ディプロマポリシー

東北文教大学は、「敬・愛・信」の建学の精神に基づく教育を通して、人間性豊かな、社会に貢献できる実践的な人間の育成を目的としています。

人間科学部は、人間の生涯にわたる成長を本質的に捉え、それを活かして社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

子ども教育学科は、次に挙げる知識・技能・態度を身につけ、子どもの育ちを本質的に捉え、教育・保育を構想し、具体化し、実践することができる人材の育成を目的としています。

  1. 乳幼児期から学童期までを中心とした子どもの理解と、それを教育・保育の実践に活かす判断力や応用力
  2. 子どもを取り巻く家庭環境の多様性や今日的課題の理解と、家庭に寄り添って子育て支援・家庭教育支援に取り組むカウンセリングマインド
  3. 子どもを取り巻く地域社会の教育資源や今日的課題の理解と、地域と連携して教育・保育の向上に取り組む関係構築力

以下に示す所定の単位数を含めた、卒業所要単位を修得した人に卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与します。

  1. については、専門教育科目「保育・教育の基礎」区分 及び 専門発展科目「保幼小接続と実践」区分で定める単位数
  2. については、専門発展科目「人間と心理学の理解」区分で定める単位数
  3. については、専門発展科目「地域社会の理解」区分で定める単位数

アドミッションポリシー

育成したい人材

東北文教大学は、「敬・愛・信」の建学の精神に基づく教育を通して、人間性豊かな、社会に貢献できる実践的な人間を育成したいと考えています。

人間科学部は、人間の生涯にわたる成長を本質的に捉え、それを活かして社会に貢献できる人材を育成したいと考えています。

子ども教育学科は、教育の目標にかかげる知識・技能・態度を身につけ、子どもの育ちを本質的に捉え、教育・保育を構想し、具体化し、実践することができる人材を育成したいと考えています。

求める学生像

人間科学部子ども教育学科では、以下のような考えや目的をもった学生を求めます。

  1. 乳幼児期から学童期の子どもの発達に関心があり、乳幼児期から学童期までの育ちを連続してとらえることが教育・保育を行う上で大切であると考える学生。
  2. 子育てに携わる保護者の支援に関心を持ち、自分も支援する一員になりたいと考える学生。
  3. 教育・保育における地域社会の役割を深く認識し、地域社会の中で教育・保育を行っていきたいと考える学生。

入学者選抜の基本方針

人間科学部子ども教育学科では、本学科の求める学生像に記された考えや目的を持った学生を適正に受け入れるために、推薦入試、試験入試(一般試験入試・大学入試センター試験利用入試)、特別入試の3つの方法で選抜を行います。

  1. 推薦入試では、教育者・保育者を目指す明確な見通しを持ち、人間性豊かで意欲的な学生を受け入れるために、面接を課します。
  2. 試験入試(一般試験入試)では、教育者・保育者を目指すための基礎学力とともに論理的思考力・表現力を持った学生を受け入れるために、国語(記述式問題を含む)、英語、小論文を課します。試験入試(大学入試センター試験利用入試)では、教育者・保育者を目指すための幅広い基礎学力を持った学生を受け入れるために、国語・英語、そして国語・英語以外の得意な2教科2科目を課します。
  3. 特別入試では、社会人としての経験や国外での経験を持つ人で、教育者・保育者を目指す明確な見通しを持ち、人間性豊かで意欲的な学生を受け入れるために、面接を課します。

就職率(2018年度実績)

  • 小学校教諭:84.6%
  • 保育者:100%
  • 一般職・公務員:100%

主な就職先

  • 小学校
  • 幼稚園
  • 保育所
  • 認定こども園
  • 児童・障がい者福祉施設
  • 公務員
  • 一般企業  など

取得可能資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • 認定心理士
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会福祉主事任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • キャンプインストラクター
  • ネイチャーゲームリーダー
shikaku01.png

受験生のみなさんへ

  • 合否案内
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会
  • 資料請求
    デジタルパンフレット
    パンフレットイメージ